一九六〇年代のくすり―保健薬、アンプル剤・ドリンク剤、トランキライザー

個数:

一九六〇年代のくすり―保健薬、アンプル剤・ドリンク剤、トランキライザー

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年08月11日 11時16分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 205p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865001372
  • NDC分類 499.1
  • Cコード C0036

内容説明

この本で言及した医薬品の中には、現在も販売されているものもある。しかし、一九六〇年代当時は製薬企業によって異なる効能効果が宣伝されていた…。この本で言及した医薬品の中には、現在はまったく販売されていなかったり、処方薬としてのみ普及しているものもある…。現在とは異なる医薬品をめぐる社会的状況およびその変容の経緯を検証し、同時代に顕在化した重篤な薬害の背景や、現在の医薬品をめぐる問題、今後生じる問題の理解・考察へと繋ぐ労作。

目次

第1章 一九六〇年代七〇年代の医薬品がおかれた社会的状況と本書の目的(戦後の薬害の顕在化と薬害批判;本書の目的および分析した資料と構成)
第2章 保健薬ブーム(保健薬とはなにか;保健薬ブームの実際 ほか)
第3章 アンプル剤・ドリンク剤ブーム(アンプル剤・ドリンク剤とはなにか;アンプル入りかぜ薬による事故の発生と販売への影響 ほか)
第4章 精神のビタミン剤―トランキライザー(トランキライザーとはなにか;市販トランキライザーの社会問題化と販売の規制 ほか)
第5章 一九六〇年代七〇年代の歴史的経緯をふまえて(厚生省による医薬品の有効性および安全性を確保するための整備;一九六〇年代七〇年代の医薬品がおかれた社会的状況を検証した今日的意義について)

著者等紹介

松枝亜希子[マツエダアキコ]
立命館大学生存学研究所客員協力研究員。2018年、立命館大学大学院先端総合学術研究科修了(博士(学術))。研究テーマは、1950年から1970年代における国内の医薬品をめぐる議論の変遷など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kitten

5
図書館本。これは、著者の博士論文をもとに出版されたもので著者は薬剤師ではない。60年代は私が生まれるかなり前の話だが、こうまで無法状態だったとは。アリナミンが万能薬すぎたし、サリドマイドが市販で買える薬だったとは知らんかったな。しかし、メーカーは儲けるためならなんでもする、というのは、今回のクレベリン騒動でも感じたりしてる。2022/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19413646

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。