ミッシング・ピーシズ―アメリカ障害学の原点

個数:

ミッシング・ピーシズ―アメリカ障害学の原点

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 411p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865001174
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0036

内容説明

人を半人前扱いするとはどういうことかという問いは、結局のところ、私たち全員に向けられた問いである(終章より)。身体(医学モデル)と社会(社会モデル)の二分法を架橋し、アメリカにおける「障害社会学」から「障害者の語りとしての障害学」への分水嶺ともなった、ゾラの主著にして必読の書。

目次

第1部 その前(「障害の克服」は障害の物語のはじまりにすぎない;はじまりには理念があった;初めての理想郷訪問)
第2部 その間(もりだくさんすぎる一日―五月二五日 木曜日;一日を埋めつくす細々とした出来事―五月二六日 金曜日;一年でもっとも華々しい夜―五月二七日 土曜日;自分と向き合い、対話する―五月二八日 日曜日;権力も愛も、分かちあう事は難しい―五月二九日 月曜日;立っているか座っているか、それですべてが違ってくる―五月三〇日 火曜日;過ぎ去れど、忘れえず―五月三一日 水曜日)
第3部 その後(聞くのも難しいが、語るのはさらに難しい―身体障害者と慢性疾患患者の世界という実現しそうもなく、実現しても問題だらけであろう世界についての考察;廃疾にいたる四つの階段―性の否定、怒りの否定、脆弱さの否定、可能性の否定;インテグレーション、個人、社会についての、締めくくりではあるがとても終わりとはいえない考えのいくつか)

著者等紹介

ゾラ,アーヴィング・ケネス[ゾラ,アーヴィングケネス] [Zola,Irving Kenneth]
1935年、アメリカ合衆国マサチューセッツ州生まれ。ハーバード大学卒業。医療社会学者。16歳で罹患したポリオ・サバイバー。アメリカ障害学会(Society for Disability Studies)創設メンバーであり、学会ニュースレターの『季刊障害学』(Disability Studies Quarterly)は、生前ほとんど一人で編集していた。「アメリカ障害学創設の父」と呼ばれている。1994年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。