被災経験の聴きとりから考える―東日本大震災後の日常生活と公的支援

個数:

被災経験の聴きとりから考える―東日本大震災後の日常生活と公的支援

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 257p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865000764
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0036

内容説明

東日本大震災及び福島原発事故の発生から七年…社会的関心がすでに失われた今だからこそ、震災が、弱者と呼ばれる人びとに与える中長期的な影響を考える!障害のある人たち、介護を抱えた生活、母子世帯、中壮年ひとり暮らしの男性、生活保護受給世帯、単身の高齢女性たち…五年間にわたって調査に入れ続け、震災以前からあった脆弱性、「被災のその日」、そして「今の暮らし」のあり様を丹念に聴きとる中から、支援のあり方を考える、四人の研究者の「共同」の仕事の成果。

目次

序章 なぜ被災経験の聴きとりに出かけたか―本書の背景と目的
第1章 障害者世帯とケア―非常時における福祉サービスのあり方から
第2章 介護生活と震災―インフォーマルな資源と住まいの選択に注目して
第3章 母子世帯の仕事―なぜシングルマザーは震災で仕事を失わなかったのか
第4章 障害者世帯と生活の立て直し―「しごと」をめぐって
第5章 中壮年ひとり暮らし男性―被災と退職後のくらし
第6章 被災地の生活保護受給世帯―再認識する不自由
第7章 単身生活する高齢女性たち―被災後を支える社会関係とその微細な変容
第8章 脆弱性とリスク―被災者支援と社会保障
第9章 仮設住宅で暮らす世帯の悩みのリアリティ―「いわき市内被災者生活状況調査」の自由記述の分析から

著者等紹介

土屋葉[ツチヤヨウ]
1973年岐阜県生まれ。お茶の水女子大学人間文化研究科博士後期課程修了。博士(社会科学)、愛知大学文学部准教授

岩永理恵[イワナガリエ]
1977年東京都生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了。博士(社会福祉学)、日本女子大学人間社会学部准教授

井口高志[イグチタカシ]
1975年山梨県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(社会学)、奈良女子大学生活環境科学系准教授

田宮遊子[タミヤユウコ]
1975年東京都生まれ。お茶の水女子大学人間文化研究科博士後期課程単位取得退学。修士(学術)、神戸学院大学経済学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。