日本手話とろう教育―日本語能力主義をこえて

個数:

日本手話とろう教育―日本語能力主義をこえて

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865000658
  • NDC分類 378.2
  • Cコード C0036

内容説明

「日本では日本語で」という意識、「聞こえないよりは聞こえたほうがよい」という価値観そのものを問い直す!ろう文化宣言から龍の子学園、そして明晴学園へ。日本手話と日本語の読み書きによるバイリンガルろう教育の展開をその前史から現在まで詳述。言語権を議論の軸にすえ、日本手話によるろう教育を一つの選択肢としてひろげることだけでなく、多言語社会日本のありかた自体を問い直すことを目指した必読の書。

目次

第1章 日本のろう教育は手話をどのように位置づけてきたか
第2章 日本手話によるろう教育をめざして1―フリースクール「龍の子学園」開校前史
第3章 日本手話によるろう教育をめざして2―フリースクール「龍の子学園」開校とその展開
第4章 学校法人「明晴学園」の設立とその特色
第5章 日本手話によるろう教育に立ちはだかるもの―聴能主義
第6章 バイリンガルろう教育の再検討―日本語能力主義をこえて

著者等紹介

クァクジョンナン[クァクジョンナン]
韓国テジョン市在住。2016年に立命館大学大学院先端総合学術研究科の博士程を修了(学術博士)。2014年に立命館大学衣笠綜合研究機構の専門研究員(生存学研究センター所属)として勤務。現在、韓国のペクソク大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件