家庭奉仕員・ホームヘルパーの現代史―社会福祉サービスとしての在宅介護労働の変遷

個数:
  • ポイントキャンペーン

家庭奉仕員・ホームヘルパーの現代史―社会福祉サービスとしての在宅介護労働の変遷

  • 渋谷 光美【著】
  • 価格 ¥3,456(本体¥3,200)
  • 生活書院(2014/03発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 64pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865000221
  • NDC分類 369.2
  • Cコード C0036

内容説明

家族共助・発達保障労働を、私的な苦役から解放して、公共性の高い、品格ある崇高な専門職労働とすること。労働を歓びあるものへと転換する方向性を提示。いま、医療、看護、介護、療育、家族・地域の共育など、すべての関係する仕事を結合し総合化しつつ、健康と生きがいが実現するのは、この労働以外にはない。

目次

第1部 家庭奉仕員制度創設の背景(老人問題が社会問題化した時代;社会調査による派遣対象世帯の生活実態把握 ほか)
第2部 介護労働の位置付け(戦前の養老事業関係者の動向と寮母の位置付け;戦後の養老施設での寮母の位置付け ほか)
第3部 家庭奉仕員の援助実態(家庭奉仕員の援助実態;寝たきり老人への援助実態 ほか)
第4部 正規職員化闘争(東京都での動向;名古屋市での動向 ほか)
第5部 在宅介護労働の変容(業務委託化と非正規雇用化政策の推進;福祉見直し時代の家庭奉仕員の労働運動 ほか)

著者等紹介

渋谷光美[シブヤテルミ]
1963年大阪府東大阪市生まれ。大谷大学文学部哲学科卒業後、大阪市立中学校臨時講師を経て、大阪府社会福祉事業団介護職員として従事。立命館大学大学院社会学研究科修了、修士(社会学)、立命館大学大学院先端総合学術研究科修了、博士(学術)。現在、羽衣国際大学人間生活学部准教授、立命館大学客員協力研究員。専攻は介護福祉学、高齢者・障害者福祉(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。