腎臓病と人工透析の現代史―「選択」を強いられる患者たち

個数:

腎臓病と人工透析の現代史―「選択」を強いられる患者たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月21日 08時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 336p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784865000177
  • NDC分類 494.93
  • Cコード C0036

目次

第1章 人工腎臓で生きる人々の現状
第2章 人工腎臓の歴史と現況
第3章 希少な人工腎臓と選択される患者たち
第4章 患者会の成立―医療を享受するために
第5章 公費獲得までの道程
第6章 1970年代の医療供給/費用配分のスキーム
第7章 腎移植の普及と頓挫―1980年代
第8章 人工腎臓の供給抑制―医療費用配分の一環として
第9章 人工腎臓の利用/非利用―決定の要因

著者紹介

有吉玲子[アリヨシレイコ]
立命館大学大学院先端総合学術研究科先端総合学術専攻一貫性博士課程修了。博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)