図説 樹木の文化史―知識・神話・象徴

個数:

図説 樹木の文化史―知識・神話・象徴

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 302,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784864980319
  • NDC分類 653.2
  • Cコード C0039

内容説明

樹木は人間と、自然、神とを結びつけるものであった。世界最古の文学『ギルガメシュ叙事詩』には天を衝き抜くようなレバノン杉の森が神々の世界とされ、ウェルギリウスの『アエネーイス』の主人公も森の不思議な力に魅了され、南アジアの叙事詩『ラーマーヤナ』でも森が重要な空間となっている。大英博物館所蔵の樹木の標本帳や標本箱、スケッチ、水彩画、工芸品などを通して、われわれの歴史に樹木がいかに重要な意味を持ってきたのか、科学と芸術、旅行と交易、詩文と散文、神話や宗教など、裾野の広い文化史の一部として読み解く。

目次

第1部(樹木の知識;神話と象徴)
第2部 樹木譜(バオバブ;カバノキ;カジノキ;ツゲ;シーダー ほか)

著者等紹介

ケアリー,フランシス[ケアリー,フランシス] [Carey,Frances]
大英博物館で版画・素描部門副部長、ナショナル・プログラムの責任者、パブリック・エンゲージメント活動などを経て、現在はその専門知識を生かしフリーでコンサルタント、キュレーターとして活躍。2008~12年まで、大英博物館と王立キュー植物園との協同で博物館前庭に展示した植物環境シリーズのランドスケープ作成に携わる

小川昭子[オガワアキコ]
国際基督教大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kira

2
樹木の花言葉的な本を探していて見つけた。2020/04/07

やす

1
想像と違ったが親和の中の樹木について詳しく書かれており、とても面白かった。2018/08/08

naoto

1
図書館の「新着本」コーナーから借りてきたんだけど、2016年1月8日第1刷というホットな本。動物本は読んでるけど植物本は初めてに近いかも。大英博物館の人が書いたらしくヨーロッパのが多いけど日本や中国、インドなどアジアにも結構言及してる。植物にも詳しくなりたいね。2016/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10235512

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。