東急東横線あるある

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

東急東横線あるある

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月23日 17時48分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 160p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784864725538
  • NDC分類 686.213
  • Cコード C0076

内容説明

路線利用者120万は、読んだら常備せざる得なくなること間違いなし!鉄道や駅ネタはもちろん、カルチャーや人間像も。沿線利用者なら必ず気になる東横線にまつわる「あるある」をこの一冊に!!綱島の幻の桃「日月桃」とは?時たま、エスカレーターが鬼のような速度で動いている!?渋谷、新宿三丁目、池袋以外の行先が分からない?レモンサワー発祥のお店があるぞ!大黒堂の「鮎焼き」は多摩川の鮎をイメージしていた!!などなどディープな東急東横のあるあるネタを200超収録!!

目次

第1章 東横線「駅と電車からの風景」あるある
第2章 東横線「人と街」あるある

著者等紹介

寺井広樹[テライヒロキ]
1980年、神戸市生まれ。沿線グルメをこよなく愛し「怖い話」「泣ける話」「試し書き」の蒐集をライフワークとする

村神徳子[ムラカミノリコ]
作家・脚本家・脚本プロデュース・音楽プロデューサー。「亜流の歴史」「霊伝説謎解き」を研究。早稲田大学第一文学部英米文学専修卒。12歳~年齢上限なしの作家集団「フライハイ オフィス」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

毎日約120万人が利用する東横線のあるある本がいよいよ登場!