昭和のテレビあるある

個数:
電子版価格 ¥979
  • 電書あり

昭和のテレビあるある

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年02月19日 11時21分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 173p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784864724692
  • NDC分類 699.21
  • Cコード C0076

内容説明

創造的で賑やかで、おおらかで爆発力を秘めた昭和のテレビ。永遠に色褪せないあの番組、あのスター、あのCMの、名シーン、意外なシーン、アッと驚く事実、衝撃シーンを1冊に。

目次

第1章 昭和の番組あるある
第2章 昭和のテレビ・テレビ局あるある
第3章 昭和のCMあるある
第4章 昭和のカルトテレビあるある

著者等紹介

青井曽良[アオイソラ]
1965年兵庫県神戸市生まれ。放送作家。日本テレビ「マジカル頭脳パワー!」などの遊軍作家を経て、阪神大震災の翌年の1996年に上京。人気クイズ番組の問題作成を中心に、TV・ラジオ番組の構成などに携わる

二階堂ちはる[ニカイドウチハル]
東京を拠点に活動する、フリーランスのイラストレーター。書籍の挿絵からレコードのジャケット、ロゴまで、媒体を問わず幅広くデザインを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

昭和40 年代~平成初期のテレビを、敬意とノスタルジーとともに振り返る。有名なシーンや意外なシーン、アッと驚く事実、衝撃的なシーン、思わず笑ってしまうシーンなど、今も色褪せない昭和のテレビを1 冊に。知っている世代は懐かしさに心揺さぶられ、知らない世代は新鮮な事実に驚愕すること間違いなし。