玉―古代を彩る至宝

個数:

玉―古代を彩る至宝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月11日 19時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 21判/ページ数 229p
  • 商品コード 9784864562898
  • NDC分類 210.32
  • Cコード C0021

内容説明

本書は、古代歴史文化にゆかりの深い14県(埼玉県・石川県・福井県・三重県・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・福岡県・佐賀県・宮崎県)で構成される「古代歴史文化協議会」が、平成26年度から調査研究を行った「古墳時代の玉類」の成果をまとめたものです。

目次

第1章 玉とは何か(はじめに―「古墳時代の玉類」;玉の材質と種類;古墳時代以前の玉類;古代史料にみえる玉類;奈良・平安時代の玉作り)
第2章 玉作りの技術を探る(古墳時代の玉作りを俯瞰する;古墳時代の玉作りの源流;最初の玉作り拠点の形成―北陸を中心として;玉作り技術の展開―東日本の玉作り;玉作りの二大拠点―古墳時代中期の大和と出雲;古墳時代後期の玉作り)
第3章 玉飾りの世界―玉の装い・流通・信仰を探る(古墳時代の玉飾り;玉を飾る人々;どこで飾りに仕立てたか―玉の流通にみる王権の関与と地域の独自性;玉とまつり)
第4章 玉から古代日韓交流を探る(朝鮮半島の玉類;朝鮮半島から渡来した玉類;朝鮮半島出土のヒスイ製勾玉の分析;古墳時代中期前半の三国時代玉類の渡来;古墳時代の金属製玉類について;三国時代玉類の日本列島における展開―古墳時代中期~後期にみられる多様な玉類)
第5章 玉類のゆくえ(「古墳時代の玉類」の終焉;玉類研究の展望)