ヒスイと碧玉の考古学―日本諸島における中の民の形成

個数:

ヒスイと碧玉の考古学―日本諸島における中の民の形成

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月19日 02時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 216p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784864451499
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C3021

内容説明

はじめに国境ありきの一国史を離れ、比較考古学の視点から、日本諸島における中の民の形成に迫る。ヒスイと碧玉は、ストーンアクセサリーの玉石材である。青銅、鉄など、使用製作が普遍化していく金属と違い、東北アジア、日本諸島といった地域世界ないしその一定範囲で普及した。ヒスイ勾玉と碧玉管玉の組み合わせは、大陸文化に連なる民であると同時に、独自の民として自らを認識した現れでもあった。それら造形と組み合わせを観察、生産流通と分布を分析し、碧玉製品はじめ継起する現象を関連づけ、議論していこう。多様な地域性の連鎖から一つの大きな倭へ、本州諸島民のなりたち、民族形成と倭国成立が見えてくる。

目次

第1章 日本考古学史における自民族認識
第2章 日本諸島における弥生時代
第3章 碧玉管玉と装身文化の大陸化
第4章 ヒスイ勾玉再考
第5章 三角縁神獣鏡と腕輪形碧玉製品
第6章 考古学からみた倭国成立

著者等紹介

河村好光[カワムラヨシミツ]
1952年石川県金沢市生まれ。1975年金沢大学法文学部史学科卒業。現在、石川考古学研究会副会長。文学博士(大阪大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

2
日本考古学史における自民族認識: 民族併存説と日鮮同祖論 日本民族論とヒスイ勾玉 単系民族説の登場 日本諸島における弥生時代: 日本諸島における弥生時代の位置 縄文文化圏の分裂 物質文化の継承 碧玉管玉と装身文化の大陸化: 碧玉管玉の成立事情 ヒスイ勾玉再考: 弥生玉の成立 弥生時代北部九州のヒスイ勾玉 装身様式の二相 三角縁神獣鏡と腕輪形碧玉製品 腕輪形碧玉製品の型式分類 考古学からみた倭国成立: 古墳づくりと倭国の時代 倭国成立と渡海倭人 ヤマト王権と葬送器物の集積・分配 一つの大きな倭2021/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18661020

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。