NHKラジオ深夜便 絶望名言〈2〉

個数:
電子版価格 ¥359
  • 電書あり

NHKラジオ深夜便 絶望名言〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月05日 21時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864107242
  • NDC分類 699.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

NHK<ラジオ深夜便>の人気コーナー書籍化第2弾!
病気、事故、災害、あるいは、失恋、挫折、そして孤独・・・
人生に受け入れがたい現実に直面した時、人は絶望します。古今東西の文豪/巨匠たちもまた、例外ではありません。
絶望に行き当たり、絶望を見つめ、絶望の中で書き留められた珠玉の言葉たち。本書では、そんな文豪/巨匠たちの「絶望名言」から、生きるためのヒントを探します。

内容説明

文豪・音楽家・芸術家たちの「絶望に寄り添う言葉」から生きるヒントをさがす。

目次

絶望名言1 中島敦 自分にふさわしくないことが起きるという絶望に
絶望名言ミニ1 黒澤明 明るさにかえって落ち込むという絶望に
絶望名言2 ベートーヴェン 最も失いたくないものを失うという絶望に
絶望名言ミニ2 古今亭志ん生 目をそらすことができない絶望に
絶望名言3 向田邦子 家族がいる絶望、家族がいない絶望に
絶望名言4 川端康成 矛盾を抱えて生きるしかないという絶望に
絶望名言ミニ3 遠藤周作 自分がダメに思えて苦しいという絶望に
絶望名言5 ゴッホ 周囲に理解してもらえないという絶望に

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

165
2が刊行されるって嬉しいけれど、必要とする時代なのね・・今回はベートーヴェン『いつかこれを読む人たちよ、あなたがもし不幸であるなら、私を見なさい。』この言葉にガツンとやられました。それと向田邦子『本心を伝えないためにしゃべっている』しみじみとしてしまいました。その時々で、(と言ってもそんなに絶望があっても困るが)悲しみには悲しみの、絶望には絶望に寄り添う言葉たちがあって、それは必要なんだと思う。又は無言と言う寄り添い方もあるよね。3が出たらばきっと読むよね私。2019/12/21

canacona

24
全巻よりも毒が抜けて、その分しみじみ納得する名言が多かった。ベートーヴェン「苦悩を突き抜けて歓喜にいたれ!」病気がちで、難聴になり、女性運も悪くて、そんなどん底から光を見上げるような一言。遠藤周作の、過去のアレコレを思い出して声をあげちゃうのは、よくわかります。丁度先日佐藤二朗も同じこと言ってました。「それがないような奴は、友として語るに足りぬ」とまで。友達になれそう😂ゴッホの名言は初めて知りました。絶望というより、思いやりのある優しい言葉。手紙集を読んでみたくなりました。2021/06/03

抹茶モナカ

18
頭木さんの絶望を主題にした著作群は、好きで読んでいて、この本も図書館から借りて読んだ。好きなんだけど、自腹を切るべきか、悩むラインの本なのは事実。第1巻より「どうしようもない」感じは減って、とりあげた人も幅広い芸術家になっている。絶望している訳では、今の自分はないが、心に刺さる言葉もあって、読後、ベートーヴェンを聴いてみたりもした。ニッチな領域で確実にポジションを確保している頭木さん。マルケスを読んでいたり、博識な方なのだな、と思った。でも、読んで、ダウナーな気分になったので、無理に読む事はなかろう。2020/02/17

ひなきち

17
「前向き」で「明るい」のが、辛く感じるときがある。絶望名言は、嘘がないから信じられるし、毎回真理をついていると感じる。どんなときの自分にも、寄り添ってくれる存在なので、これからも重宝して読んでいきたい。2020/01/05

とし

10
なんとなく好きで、その時は好きだとも言わなかった人の方が、いつまでもなつかしいのね。忘れないのね。 前作が面白かったので! 中島敦、ベートヴェン、向田邦子、川端康成、ゴッホ、黒澤明、古今亭志ん生、遠藤周作。 どれも、良かったのですが、ゴッホってこんな人だったのね。美術はまるっきり疎くて(笑) ベートーヴェンは今年生誕250年で聞く機会が増えそうでしたが更にこれを読んで好きになりました♪ でも、一番気に入ったのは川端康成でした。 これを機に読んでみようと思います。2020/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14603346

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。