潤う力―腟圧調整ストレッチ

個数:
電子版価格 ¥1,171
  • 電書あり

潤う力―腟圧調整ストレッチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 21時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 174p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784864106207
  • NDC分類 495.44
  • Cコード C0077

内容説明

女性の「感じる」力にまじめに向き合いました!ダイエットサロンの常連にだけ、こっそり教えていたシークレットメソッド。

目次

1章 セックスがよくないのは、からだの不調が原因(感覚が鈍ると、セックスがイヤになる;からだの調子は、「感じ方」でわかる ほか)
2章 「感じるからだ」は筋力がつくる(運動不足・加齢によって、筋肉は減っていく;下半身にある大きな筋肉を鍛えると、感度は早くアップする! ほか)
3章 感じるからだをつくる「腟圧調整ストレッチ」(腟圧調整のステップは3段階;ステップ1 微振動で骨盤をゆるめる ほか)
4章 二人の関係がヘルシーになる(もっと気軽にとらえよう;思い込みを外す ほか)

著者等紹介

鈴木貴惠[スズキタカエ]
女性専門の均整術師。プライベートサロン「Fairy」主宰。東京、神奈川を中心に活動している。女性のダイエットを中心に指導しているなか、トレーニング中のお客様から腟まわりや性の悩みを打ち明けられたことがきっかけで、「腟圧調整ストレッチ」のメソッドを開発(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぴよ子

10
いろんなトレーニングが載ってるのかなーと思ったけど、最初は割と文章が多く、そしてやたら「海外では・・・」というのが気になった。「ラテンの国ではホームパーティの時、カップルが盛り上がると消えてベッドルームでセックスして、そのあとまた戻ってくる」ここもまあラテンの国ですが、そんな話聞いたことない(笑)むしろホストだったらずっといないといけないし、人の家で勝手に盛り上がってセックスとか絶対やめてほしい(笑) エクササイズ自体はまともで、やってみようかなーと思えるくらい簡単ですぐできるものでした。2018/06/27

家にいるサム

4
まじめで好感が持てる本でした。最近読んでも読んでも読み終わらない勉強の本ばかり読んでいたので私本読めなくなってるのかもと思ったけどさらっと1時間ほどで読めて自信を取り戻せました。でも私はオーガズムの定義に筋肉の収縮は含まれない説を信じてます。2018/10/30

K

3
NetGalleyゲラ読みで読了。‪筋肉を鍛えたり緩めたりして膣の潤いを取り戻す本。骨盤底筋の衰えも原因の1つだけど、リラックスできないことも原因の1つ。全身緊張してガチガチだったら身体も思うように動かないからそりゃセックスしたら痛くなるよね。 筋肉を緩めるって意識しないと意外と難しい。筋肉を緩めるストレッチを取り入れて筋肉を緩めることを意識して生活してみようっと。2018/07/26

ちさ

1
現代の生活様式やストレス過多によって血流やリンパの流れが滞り、それにより感じる力が失われていることがわかった。骨盤底筋を鍛えることがひつようだが、まずは、固まって流れが悪くなっている部分をほぐすことが必要とのことで、緩めるストレッチからやってみようと思った。2018/12/08

sk56

1
身体が硬いためストレッチの本を探していたらたまたま出会い、こういう類の本はあまりないので面白かったです。冷え性もしかり、身体が硬いも骨盤の歪みも私の悩みですが、こっち系にも繋がっていくのね!と勉強になりました。もう少しストレッチや筋トレの紹介が多いとなお良いと思いましたが、それは自分で探してみます。 それにしても著者さんは、このテーマを本にして写真も出したのは勇気があるなあ、もっと恥ずかしくない時代がきたらいいですね。 2018/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12901726

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。