商業演劇の光芒

個数:

商業演劇の光芒

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月23日 12時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 369p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784864050722
  • NDC分類 772.1
  • Cコード C1374

内容説明

新派、新国劇をはじめ、東宝系演劇や松竹新喜劇などの多彩な「商業演劇」は、近代演劇史のうえでなぜ語られることが少なかったのだろう。明治末期から戦後まで、多くの人々の記憶に鮮明に残る黄金時代の輝きをよみがえらせる。いまはなき「大劇場」の面影とともに―。

目次

1 総論(「商業演劇」の光芒)
2 「商業演劇」への道程(帝劇の時代―“ヴァラエティ・シアター”としての大正期帝国劇場;新派=近代心性のアルケオロジー)
3 「国民演劇」の時代(「新国劇」という複合体;東宝国民劇の時代;「中間演劇」への道筋―極端な俳優・井上正夫の軌跡)
4 「商業演劇」の黄金時代(松竹新喜劇とはどんな演劇だったのか;東宝歌舞伎と芸術座;インタビュー 戦後の東宝系喜劇)
5 理想と夢の行方(歌手芝居の命運―最後の「国民演劇」;「近代化遺産」としての「大劇場」)

著者等紹介

神山彰[カミヤマアキラ]
明治大学文学部教授。専攻は近代日本演劇(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。