図説日本の城郭シリーズ<br> 秀吉の播磨攻めと城郭

個数:

図説日本の城郭シリーズ
秀吉の播磨攻めと城郭

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年06月24日 01時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784864033855
  • NDC分類 216.4
  • Cコード C0021

内容説明

秀吉の天下取りの足がかりとなった播磨攻めで攻防の舞台となった城郭39城を収録。「三木の干し殺し」と呼ばれる兵粮攻め、付城群&多重土塁の構築をはじめ、文献史学・縄張り・考古学の成果を総合し、新たな見解を提示する!

目次

第1部 文献史料から見た秀吉の播磨攻め(織田信長の上洛と播磨の雄・別所氏;播磨攻めの経過と三木合戦)
第2部 遺跡から見た秀吉の播磨攻め(三木城と付城群;播磨攻めに関連する城郭)

著者等紹介

金松誠[カネマツマコト]
1977年(昭和52年)生まれ。大阪府出身。奈良大学大学院文学研究科文化財史料学専攻博士前期課程修了。現在、三木市立みき歴史資料館係長。城郭談話会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。