室町幕府将軍列伝

個数:

室町幕府将軍列伝

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月21日 21時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 423p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864032476
  • NDC分類 288.3
  • Cコード C0021

内容説明

頻発する将軍の暗殺、更迭、京都からの追放。波瀾万丈な将軍たちの生涯とは裏腹に、なぜ室町幕府は200年以上もつづいたのか!?数々のエピソードから各将軍の人間性に迫り、新たな時代像を切りひらく!

目次

初代 足利尊氏―初代将軍の神話と伝説
第二代 足利義詮―不屈のリアリスト
第三代 足利義満―「簒奪者」の実像
第四代 足利義持―安定期室町殿の心配ごと
第五代 足利義量―「大酒飲み将軍」の真実
第六代 足利義教―幕府絶頂期の将軍の旅
第七代 足利義勝―束帯姿の幼き将軍
第八代 足利義政―父への過剰な憧れ
第九代 足利義尚―独り立ちへの苦悶
第十代 足利義稙―流浪将軍の執念
第十一代 足利義澄―戦国と向き合った将軍
第十二代 足利義晴―マジナイに込めた血統
第十三代 足利義輝―大名との同盟に翻弄された生涯
第十四代 足利義栄―戦国との幸運と不運の体現者
第十五代 足利義昭―信長の「傀儡」という虚像

著者等紹介

榎原雅治[エバラマサハル]
1957年生まれ。現在、東京大学史料編纂所教授

清水克行[シミズカツユキ]
1971年生まれ。現在、明治大学商学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。