静山社文庫<br> みんなママのせい?―子育てが苦しくなったら読む本

個数:

静山社文庫
みんなママのせい?―子育てが苦しくなったら読む本

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 238p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784863892255
  • NDC分類 599
  • Cコード C0137

内容説明

子育てがこんなにつらいなんて…。孤独な育児に苦しむ母親の声を集め、その根底にある社会の問題を世に問いかけて大きな話題となった『子育てと出会うとき』(1999年刊行)をもとに、新たに編み直して文庫化。子育てのつらさを誰にも言えないママたちに贈る、大日向先生からのメッセージ。

目次

第1章 子育てがむなしいと感じるとき―小さな子をもつ母親たちの言動に隠された心の声
第2章 それぞれに孤独な父親と母親たち―「男は仕事、女は家事育児」な夫、ときには愚痴を聴いてほしい妻
第3章 子育ては本当に至福の喜びなの?―母性幻想に振り回され、がんばる今のママたち
第4章 大切なのは親として、夫婦として向き合うこと―子どもを心から愛するために、親として学ぶ姿勢が大切
第5章 これから親となる若い世代へのメッセージ―性別を超えた子育ての時代に…
巻末付録 母性神話の歴史を考える

著者等紹介

大日向雅美[オオヒナタマサミ]
1950年生まれ。恵泉女学園大学教授。お茶の水女子大学卒業、同大学院修士課程修了、東京都立大学大学院博士課程満期退学。学術博士。専門は発達心理学。NPO法人あい・ぽーとステーション代表理事。社会や地域の子育て支援活動のほか、厚生労働省:社会保障審議会委員、内閣府:子ども子育て会議委員なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。