静山社文庫<br> 「話す力」の育て方―今日からあなたの会話が変わる!

個数:
電子版価格 ¥572
  • 電書あり

静山社文庫
「話す力」の育て方―今日からあなたの会話が変わる!

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 183p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784863892002
  • NDC分類 336.4
  • Cコード C0136

内容説明

「話す」目的とは、聞き手に「伝える」ことではなく、心の中の熱い思いが相手に「伝わる」ことにある。さて、あなたは話すとき、「伝える」ことにだけ一生懸命になっていませんか?本当に必要な「話す力」を育て、身につけるためのヒント満載の本書。

目次

1 基礎編―「話す力」とは何か(「話す力」はなぜ大事?―「話す」の原動力は心の中の熱い情熱;「しゃべり上手」と「話し上手」とは違う―大切なのは「伝える」ではなく「伝わる」こと;ビジネスには欠かせない「話す力」―「話す力」とは、人を動かす力 ほか)
2 実践編―より効果的に「話す」方法(何を伝えるかを明確にしておく―話の内容やポイントをずらさないための工夫;「話し上手」は事前準備が上手な人―「話をしたいな」と思うようになるのが事前準備の効用;「話す」相手について知っておく―知るべきは相手の理解レベルと理解範囲、そしてニーズ ほか)
3 応用編―シチュエーション別「話し方」活用法(報告する―簡単そうに思える「報告」にも、踏まえるべき流儀がある;依頼する―頼み事は率直に、相手のプライドにはたらきかける;断る―“上手な断り方”によっていい人間関係を維持する ほか)

著者等紹介

轡田隆史[クツワダタカフミ]
1936年生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。朝日新聞社で、記者として活躍した後、論説委員として夕刊コラム『素粒子』を8年間にわたり担当

志田唯史[シダタダシ]
1951年生まれ、慶應義塾大学経済学部卒。大手メーカーに17年間勤務した後、文筆業に転じる。長年の経験を活かしてビジネス書を執筆する一方、言葉や漢字に関する造詣も深い。両分野にわたる著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「話す」目的とは、聞き手に「伝える」ことではなく、心の中の熱い思いが相手に「伝わる」ことにある。さて、あなたは話すとき、「伝える」ことにだけ一生懸命になっていませんか? 本当に必要な「話す力」を育て、身につけるためのヒント満載の本書が、あなたの「伝えたい」気持ちを熱血応援! コミュニケーションこそ、ビジネスマン必携のスキルです!

著者紹介
轡田隆史:1936年生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。朝日新聞社で記者として活躍した後、論説委員として夕刊コラム「素粒子」を8年にわたり担当。『さらさら書ける小論文練習帳』(静山社文庫)など著書多数。/志田唯史:1951年生まれ、慶応義塾大学経済学部卒。大手メーカーに17年間勤務した後、文筆業に転じる。長年の経験を活かしてビジネス書を執筆する一方、言葉や漢字に関する造詣も深い。両分野にわたる著書多数。