そら耳のつづきを―現代川柳句集

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

そら耳のつづきを―現代川柳句集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月24日 20時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 111p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863854666
  • NDC分類 911.46
  • Cコード C0092

内容説明

現代川柳は“現在”の破片である―。川柳の伝統を批判的に受け継ぐ現代川柳作家による480句。

目次

1 イカロスの罠
2 ヘルタースケルター
3 仮説の家

著者等紹介

湊圭伍[ミナトケイゴ]
1973年大阪生まれ。2009年より「川柳バックストローク」に投句、2010年(第30号)より同人。同時期より「川柳結社ふらすこてん」に投句。以降、「川柳カード」、「川柳スパイラル」、「せんりゅうぐるーぷGOKEN」同人。小池正博編『はじめまして現代川柳』(書肆侃侃房、2020年)に、湊圭史名義で自選76句掲載。詩誌「Lyric Jungle」同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yumiha

35
湊圭伍の川柳句集。これもぶっ飛んでいる。一般受けしない川柳、ちっとも耳触りの良くない「空耳」の句ばかり(←褒めている)。「きみも勿論だがむしろ枕がよく戦った」戦った相手は悪夢か?侵入者か?枕を楯にしたことは確か。「うれしそうな顔をしている蛆だなあ」川柳でも俳句でもウジ虫を詠んだ句は初めて見た。「まだ淋しくないと救急車の遠吠え」ずっと消防署で待機している救急車か?コロナのせいで近ごろは、遠吠えしてるヒマはないよ。「金メダル噛むとかならず白目剝く」ふむふむ。反対を押し切るであろうオリンピックの表彰台が楽しみ。2021/06/14

滑車

0
荒唐無稽だけど落ち着きのある感覚。2022/03/21

さくは

0
現代川柳。第1句集。「破廉恥なベンチ、知らんぷりのランプ」「押すとヒンコンと音の出るチャイム」「飲みほして花を挿すまでの虚ろ」「いつかまた頬っぺたの裏を噛んでしまう」「エレベーター内のフェルト剥がし流行るね」2021/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17975543

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。