新鋭短歌<br> 羽虫群

個数:

新鋭短歌
羽虫群

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月30日 20時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 141p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863852242
  • NDC分類 911.168

目次

1(それなりの春っぽさ;持久走 ほか)
2(口ばしるなよ;はるかな吐息 ほか)
3(工場へ行く;金を数える ほか)
4(春を行く;青 ほか)

著者紹介

虫武一俊[ムシタケカズトシ]
1981年3月生まれ。大阪府育ち。龍谷大学社会学部卒。2008年夏に短歌を始め、ラジオ番組や雑誌企画への投稿を重ねる。2012年、うたう☆クラブ大賞(短歌研究社)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

【おれの生きかたを、笑え。】
この歌集は、とかくしんどいこの世を生き抜くための、
最も力弱く、最も魅力的な武器だ。
(石川美南)


[自選短歌五首]
生きかたが洟かむように恥ずかしく花の影にも背を向けている

見ていれば違っただろう「つる草の一生」というドキュメンタリー

職歴に空白はあり空白を縮めて書けばいなくなるひと

異性はおろか人に不慣れなおれのため開かれる指相撲大会

この夏も一度しかなく空き瓶は発見次第まっすぐ立てる

虫武 一俊[ムシタケ カズトシ]
龍谷大学社会学部卒。
2008年夏に短歌を始め、ラジオ番組や雑誌企画への投稿を重ねる。
2012年、うたう☆クラブ大賞(短歌研究社)。