福祉用具の危機―認知症高齢者の生活の安全のために

個数:
  • ポイントキャンペーン

福祉用具の危機―認知症高齢者の生活の安全のために

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 146p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863510333
  • NDC分類 369.26

内容説明

認知症の人が安全に福祉用具を使用するためには、何をしなければならないのか?何に注意すればよいのか?いままでの対応のどこがいけないのか?福祉用具相談員が注意しなければならない事柄とは何か…。わが国ではじめて認知症の人が使う福祉用具の安全対策を考えた書籍。

目次

第1章 福祉用具の事故ってなに
第2章 認知症の人の事故ということ
第3章 危うい介護現場
第4章 事故を起こす構造
第5章 事故防止に向けて
わが国の認知症対策について―『福祉用具の危機』の刊行に寄せて(中村秀一)

著者紹介

東畠弘子[ヒガシハタヒロコ]
福祉ジャーナリスト/医療福祉経営学博士/社会福祉士。日本社会事業大学大学院博士前期課程修了、国際医療福祉大学大学院博士課程修了。高齢者福祉の専門新聞の編集者、記者として長く取材活動を行った後、福祉用具の質や経営に関する研究、執筆活動に。一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会理事、同協会の「福祉用具個別援助計画書検討委員会」委員長として、個別援助計画書(標準様式)の開発に携わる。2004年「これからの在宅介護支援センターの在り方に関する検討委員会」オブザーバー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)