無料低額診療事業のすべて―役割・実践・実務

個数:

無料低額診療事業のすべて―役割・実践・実務

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 20時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 278p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863422728
  • NDC分類 369.9
  • Cコード C0036

内容説明

無料低額診療事業の意義や役割、制度、実績、現場の実践その全体像をまとめた「決定版」。

目次

第1部 無料低額診療事業の意義と歴史(医療保障と無料低額診療の役割;「経済的事由による手遅れ死亡事例調査」から;無料低額診療事業の歴史―社会福祉としての医療はどのように成立したのか)
第2部 無料低額診療事業の実践と課題(社会福祉法人の無料低額診療事業の実践―愛染橋病院でのソーシャルワーク;民医連の無料低額診療事業の実践―京都民医連中央病院でのソーシャルワーク;保険調剤薬局と無料低額診療事業 ほか)
第3部 無料低額診療事業の制度・実務(無料低額診療事業の現状と課題;こうすればできる無料低額診療事業―実務ガイド)
第4部 無料低額診療事業の改善・充実・発展のための提言―すべての人々に漏れなく医療を保障するために

著者等紹介

吉永純[ヨシナガアツシ]
花園大学社会福祉学部教授(公的扶助論)、近畿無料低額診療事業研究会代表、全国公的扶助研究会会長

原昌平[ハラショウヘイ]
ジャーナリスト、大阪府立大学・立命館大学客員研究員、精神保健福祉士、日本精神保健福祉士協会相談役。2019年9月まで読売新聞大阪本社編集委員

奥村晴彦[オクムラハルヒコ]
社会福祉法人大阪社会医療センター付属病院、医療ソーシャルワーカー(MSW・PSW)、精神保健福祉士、大阪しあわせネットワーク(生活困窮者レスキュー事業)スーパーバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。