差異の繋争点―現代の差別を読み解く

個数:

差異の繋争点―現代の差別を読み解く

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 298p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863390348
  • NDC分類 361.8
  • Cコード C1036

内容説明

差異をめぐる争いは、まさにその差異によって繋がっている。すなわち、差異によって繋がっていながら、差異をめぐり争う。そうした差異をめぐる“繋がり”と“争い”を読み解いていく―。

目次

差異の繋争点―本書の狙い
第1部 異なる身体をめぐる争い―病と社会運動(病者の生に宿るリズム―ハンセン病患者運動の「多面性」に分け入るために;西陣地域における賃織労働者の住民運動―労働環境と医療保障をめぐって;血友病者本人による社会と結び付く活動の生成―Young Hemophiliac Club結成を中心に)
第2部 もつれあう差別と抗い―再編される性的秩序(トランスジェンダー・性同一性障害者の職場における実践と課題―労働規範と性別二元規範・異性愛規範;在日韓国人コミュニティにおけるレズビアン差別―交錯する差別/錯綜する反差別;主婦の労働実践としてのワーカーズ・コレクティブの岐路―「依存」と「包摂」のあいだで)
第3部 差別の体制―言説と装置の診断(「沖縄問題」の「入り口」で―べ平連の嘉手納基地ゲート前抗議行動と渡航制限撤廃闘争;やくざ集団の形成と差別―部落民/朝鮮人という問いとの関係から;社会調査者はなにを見たか―水俣病被害の構造的理解を求めて;国家の眼としての貧困調査)
思想と政治体制について―精神医学のエコノミー

著者紹介

天田城介[アマダジョウスケ]
1972年生。立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。社会学

村上潔[ムラカミキヨシ]
1976年生。立命館大学衣笠総合研究機構研究員。現代女性思想・運動史

山本崇記[ヤマモトタカノリ]
1980年生。日本学術振興会特別研究員。立命館大学大学院非常勤講師など。社会問題・社会運動研究(主に同和行政論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)