• ポイントキャンペーン

ヴィレッジブックス
小公女

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 349p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784863323742
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

幼い頃に母を亡くし、裕福な軍人である父とも離れて英国の寄宿学校に入学したセーラ。静かな瞳で不思議に大人びたおしゃべりをする少女は、その佇まいと贅沢な所有品から、学校のプリンセスとしてうやうやしく扱われ、何不自由のない毎日を送っていた。だが父が破産の苦しみのなか突然死んでしまい、セーラは幸せな“王女”から一転、文無しの使用人としてこき使われることに。しかし、苛酷な仕事も周りのあざけりの目も、彼女の誇り高さと想像力を傷つけることは決してできなかった―日々前に進みつづける、すべての女性へ。新訳“おとなの少女文学”シリーズ第4弾。

著者等紹介

バーネット,F.H.[バーネット,F.H.][Burnett,F.H.]
1849年、イギリス北西部の工業都市、マンチェスターにて誕生。幼い頃に父が亡くなり、貧しい暮らしのなか国内を転々としていた一家は、バーネットが16歳の時に、親戚を頼りアメリカのテネシー州へ移住する。10代後半から雑誌に投稿をはじめ、その原稿料で家計を助けていた。24歳で眼科医のスワン氏と結婚し、ふたりの男の子をもうける。27歳で発表した長編小説『ローリーの娘』が好評を博し、36歳の時には、次男をモデルにしたベストセラー『小公子』の主人公セドリックの服装が大流行

鈴木美朋[スズキミホウ]
大分県出身。早稲田大学第一文学部卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。