天皇陛下の御聖断―二・二六事件と終戦の真相

個数:

天皇陛下の御聖断―二・二六事件と終戦の真相

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月24日 17時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 229p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863301559
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0021

内容説明

終戦か滅亡か!?息を呑む舞台裏の駆け引き!「二・二六事件」時には岡田首相の秘書官として奇跡的な首相救出劇を果たし、「終戦」時には鈴木内閣の書記官長として「終戦の詔書」(玉音放送)を起草、昭和史の二大事件を中枢で体験した迫水久常。その証言を、迫水の最後の秘書であった著者が、「語り部」として今日に伝える。臨場感溢れるドキュメンタリー!

目次

序(中江克己の生い立ちと経歴;天皇陛下からお言葉を賜る)
前篇 二・二六事件の秘話(二・二六事件の序説;陸軍士官学校事件;永田軍務局長を斬殺した相沢事件 ほか)
後篇 終戦の真相(開戦前夜;天皇陛下のお気持ち;真珠湾攻撃による日米戦争の開戦 ほか)
むすび

著者等紹介

中江克己[ナカエカツミ]
昭和21年(1946)、山口県下関市生まれ。日本大学法学部在学中より、参議院議員迫水久常の書生として政治修業に励み、その後第二秘書となる。以後、越智通雄衆議院議員秘書、斎藤文夫参議院議員第二秘書、栗本慎一郎衆議院議員政策担当秘書、青木宏之衆議院議員政策担当秘書、米田建三衆議院議員政策担当秘書、東郷哲也衆議院議員秘書等を歴任し、45年間にわたり議員秘書として活動。現在、一般社団法人日本標識機構代表理事・公益社団法人国際経済交流協会監事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。