騒音・低周波音・振動の紛争解決ガイドブック

個数:
  • ポイントキャンペーン

騒音・低周波音・振動の紛争解決ガイドブック

  • 村頭 秀人【著】
  • 価格 ¥5,170(本体¥4,700)
  • 慧文社(2011/05発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 235pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 591p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863300507
  • NDC分類 519.6
  • Cコード C0032

内容説明

公害紛争の中で最も多い騒音に加え、低周波音・振動についても、多数の紛争の解決に当たってきた弁護士が最新の知識に基づき詳細に解説。「音とは何か」という基本的解説から始まり、関係法令・条例・文献・裁判例などを精査し、様々な角度から紛争解決のための方途を指し示した、弁護士、公害苦情処理担当者、建築施工関係者、被害者等に必携の一冊。

目次

第1章 音と騒音の知識
第2章 騒音に関する法令・条例
第3章 騒音に関する裁判例
第4章 低周波音
第5章 振動
第6章 公害紛争処理法に基づく紛争解決方法
付録

著者等紹介

村頭秀人[ムラカミヒデト]
平成元年3月東京大学法学部卒業。平成元年4月~平成6年1月住友重機械工業株式会社勤務。平成11年4月司法修習生(第53期)。平成12年10月弁護士登録(東京弁護士会)。平成17年4月~平成21年3月東京弁護士会公害・環境特別委員会副委員長。平成21年4月~現在、同委員会委員長。平成22年4月~平成23年3月東京三弁護士会環境保全協議会議長。畑・植松法律事務所所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

12
冒頭から対数の数式で説明されるので、 法律の本かと思いきや、 ハイレベルな堅い本という印象。 判例盛りだくさんだが、 受忍限度の基準は個人差があるので、 わたしも騒音と振動を昔は朝4時台、今は、 5時台に相変わらず住民の安民権 を阻害する、パワーゲートの荷卸し音に 相変わらず悩まされてはいる。 騒音と異なり、振動については環境基準 というものは存在しない(299頁)。 判例は受忍の限度を超えるものの慰謝料は ケースバイケースだが、30万円が相場かもしれない。 訴えてみようかな。 2014/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3308279

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。