ドイツ高速鉄道ICE‐3・ケルン脱線事故―鉄道用車軸の金属疲労はなぜ起こったか

個数:
  • ポイントキャンペーン

ドイツ高速鉄道ICE‐3・ケルン脱線事故―鉄道用車軸の金属疲労はなぜ起こったか

  • 平川 賢爾【著】
  • 価格 ¥3,300(本体¥3,000)
  • 慧文社(2009/10発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 60pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863300347
  • NDC分類 686.7
  • Cコード C3053

内容説明

技術者は事故から何を学ぶのか?ドイツ鉄道史上最悪の大惨事といわれた1988年のICE‐1脱線事故から丁度10年、再び起きた最新の高速新幹線ICE‐3の脱線事故(2008年6月)にドイツ鉄道関係者は慄然とした。再発は防げなかったのか?両事故の教訓を今後どう生かすか?鉄道技術者のみならず、機械・構造物の開発・保守に携わる技術者、金属疲労を学ぶ学生に必携の書。

目次

第1章 ドイツICE‐3脱線事故
第2章 欧州における車軸の設計基準
第3章 疲労亀裂の進展と検査周期―なぜ車軸の検査周期は30万kmであったのか
第4章 車軸圧入部の疲労亀裂の進展
第5章 ICE‐3車軸の疲労破壊原因
第6章 車軸は疲労限度設計か有限寿命設計か
第7章 ICE‐3ケルン脱線事故の真相