近代チベット史叢書<br> 西蔵の民族と文化

個数:
  • ポイントキャンペーン

近代チベット史叢書
西蔵の民族と文化

  • 青木 文教【著】
  • 価格 ¥6,270(本体¥5,700)
  • 慧文社(2009/03発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 114pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 169p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863300255
  • NDC分類 389.229
  • Cコード C0322

目次

1 チベットの民族及び文化(国名の解説;民族の由来;チベットの地誌;国情と文化)
2 チベット問題の重要性
3 チベットの神話と伝説(チベットの神話について;ボン教の信仰と伝説;古代ボン教の特質;仏教神話とその考察;仏教伝説とその考察;結びの言葉)
4 ソンツェン・ガムポ大王(掲題の解説;チベットと我が国との相似点について;ソ王の出現;いわゆる「聖徳太子」としてのソ王について;結論)
5 ラマ教に関する諸考察(「ラマ」教という語義の解説;インド密教とラマ教との脈絡;ボン教またはシャマン教の影響;ラマ教の沿革概要とチベット文化;ラマ教の教理と信仰の特異相;チベットの国体とラマ教の根本精神;蒙古とチベット・ラマ教との特殊関係;古満洲王朝とチベット・ラマ教政略;帝政ロシアと英支のラマ教対策;我が国のとるべきラマ教対策の検討)

著者等紹介

青木文教[アオキブンキョウ]
チベット研究者、僧侶。滋賀県安曇川町生まれ。仏教大学(現・龍谷大学)大学院在学中に大谷光瑞の秘書となり、仏教遺跡の研究に従事。大正元年(1912)より5年間チベットの首府ラサに滞在し、ダライ・ラマ13世と親交を持つ。1941年から終戦まで外務省調査部嘱託職員としてチベット問題研究に従事。戦後は東京大学講師などを務め、チベット語を教える。1886‐1956(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。