東洋易学・運命学大系<br> 厄年の話

個数:
  • ポイントキャンペーン

東洋易学・運命学大系
厄年の話

  • 石橋 臥波【著】
  • 価格 ¥4,400(本体¥4,000)
  • 慧文社(2008/12発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 80pt
  • 提携先に3冊在庫がございます。(2020年04月08日 05時45分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 139p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863300149
  • NDC分類 385.5
  • Cコード C0311

内容説明

本書は一九一三年四月に発行された石橋臥波著『個人社会 厄年の話』(人文社)を底本にして、現代人にも読みやすいよう編集・改訂を加えた。

目次

前篇 個人の厄年(はしがき;厄年の起源;厄年の沿革;生理上よりの観察;心理上よりの観察;実際的方面の観察;概括;余説(1)
余説(2))
後篇 社会の厄年(はしがき;日本の実例;支那、西洋の実例;概括)

著者等紹介

石橋臥波[イシバシガハ]
民俗学者。1912年(明治45)日本民俗学会の創設に携わる。同学会機関誌『民俗』や、学術雑誌『人性』の編集を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。