わが故郷のキネマと文学

個数:

わが故郷のキネマと文学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月27日 05時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 315p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863292598
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0095

内容説明

豊前と豊後、二豊の国・大分への限りなき愛郷心が「私」を動かし、映画や文学作品に刻まれた言葉の力をていねいに掬い上げた192の随想録。

目次

1 明治・大正期(明治編;大正編)
2 昭和期(戦前編;戦後復興期編;高度経済成長期編 ほか)
3 平成・令和期(平成前期(東日本大震災以前)編
平成後期(東日本大震災以後)・令和編)

著者等紹介

矢野寛治[ヤノカンジ]
1948年(昭和23年)、大分県中津市生まれ。成蹊大学経済学部卒。博報堂OB。元・福岡コピーライターズクラブ理事長。西日本新聞を中心にエッセイ、コラム、映画評、書評を執筆。RKB放送「今日感テレビ」コメンテーターを10年、RKBラジオ「週刊ぐらんざ」パーソナリティを2年担当。西日本新聞大分版に「ヤノカンのキネマと文学」、月刊誌「ぐらんざ」に、「ハットをかざして」を連載中。著書『ふつうのコピーライター』(共著、宣伝会議)、『なりきり映画考』(書肆侃侃房)、「団塊少年』(筆名・中洲次郎、書肆侃侃房)、「伊藤野枝と代準介』(弦書房、2014年度地方出版文化功労賞奨励賞)、『反戦映画からの声 あの峙代に戻らないために』、「団塊ボーイの東京《1967―1971》』(以上、弦書房)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。