21世紀の“想像の共同体”―ボランティアの原理 非営利の可能性

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

21世紀の“想像の共同体”―ボランティアの原理 非営利の可能性

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月05日 13時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 184p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863292246
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C0036

内容説明

「風の谷のナウシカ」のような“想像の共同体”をめざして。ボランティアの原理と「非営利」の可能性をたどりながら、「風の谷」のような21世紀の新しい“共同体”に至る道すじが見えてくる。

目次

はじめに―迷える子羊とコロナ禍の時代
1 「超高齢社会」の風景(「労働」に対抗する「仕事と活動」―労働と雇用の劣化はなぜ進んだのか;「介護の社会化」はなぜ行きづまったのか;超高齢社会の地方はなぜトリアージ(命の選別)されるのか ほか)
2 21世紀の新しい「想像の共同体」(二つの焦点をもつ楕円―「有償ボランティア」の第三の見方;終焉の先の弁証法―ボランティアにとってNPOとは何か;日本の「非営利」はどこへ向かうか;非営利という「想像の共同体」―ボランティアとNPOの二五年、そしてこれから)
結 21世紀への想像力

著者等紹介

安立清史[アダチキヨシ]
1957年、群馬県生まれ。九州大学・大学院人間環境学研究院・共生社会学講座・教授。専門は、福祉社会学、ボランティア・NPO論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
「超高齢社会」の風景: 「労働」に対抗する「仕事と活動」 「介護の社会化」はなぜ行きづまったのか 超高齢社会の地方はなぜトリアージ(命の選別)されるのか 「ウッドストック」とは何だったのか 21世紀の新しい「想像の共同体」: 二つの焦点を持つ楕円─「有償ボランティア」の第三の見方 終焉の先の弁証法─ボランティアにとってNPOとは何か 日本の「非営利」はどこへ向かうか 非営利という「想像の共同体」─ボランティアと非営利の二五年、そしてこれから「風の谷のナウシカ」と《想像の共同体》  21世紀への想像力2021/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17599403

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。