農泊のススメ

個数:

農泊のススメ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 46判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863292161
  • NDC分類 689.4
  • Cコード C0076

内容説明

“農泊”とは―大分県の安心院町では、農村民泊の略称とし、二〇〇三年、「農泊」ということばの商標を取得している。農山漁村において日本ならではの伝統的な生活体験と農村地域の人々との交流を楽しみ、農家民宿、古民家を活用した宿泊施設など、多様な宿泊手段により旅行者にその土地の魅力を味わってもらう農山漁村滞在型旅行。安心院町では農村の一般の家庭に宿泊し農村のあるがままの生活を体験する農泊を主として行っている。

目次

1 ドイツ・アッカレンを目指して(農泊はじまりのエピソード;法律の壁を越えた3・28事件)
2 農村に泊まるということ(心のせんたくへようこそ;楽しく、思い出深い農泊)
3 都市と農村を同時に救うバカンス法へ挑む(人生はバカンス;お父さん頑張って ほか)
4 農泊の極意(農泊を始める方へ)(山と田んぼと川しかなく;あんたが頑張れ ほか)

著者等紹介

宮田静一[ミヤタセイイチ]
昭和24年(1949)、大分県宇佐市生まれ。昭和47年(1972)、日本獣医畜産大学卒業。安心院町の国営パイロット事業で三ヘクタールのぶどう農園を開園。平成15年(2003)国土交通省観光カリスマ百選「農村民泊さきがけのカリスマ」として選定される。NPO法人安心院町グリーンツーリズム研究会会長。NPO法人大分県グリーンツーリズム研究会会長。未来ある村日本農泊連合代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。