昭和の子

個数:

昭和の子

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 304p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863291348
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

いま、わが昭和の貌をもう一度見つめ直す。あの曲がり角で、何が問題だったのか。傷ついた憲法とともに「戦後民主主義」を「虚妄」にしてしまうのか、すべては今後にかかっている。

目次

生まれる前の昭和
銃後の子どもたち
子どもたちの八月十五日
「戦後」のはじまり
カオスのなかの新制中学
民主主義のレッスン
「六〇年安保」のかすり傷
熊本の駆け出し記者
水俣事件に出会う
社会部と学芸部を往復
もの狂おしき長崎の夏
天災のあとの人災―長崎大水害
地平に沈む「赤い夕陽」
昭和の終焉と普賢岳噴火
出版不況下の地方出版
帰郷、それから

著者等紹介

三原浩良[ミハラヒロヨシ]
1937年松江市生まれ。松江高校・早大文学部卒。1961年毎日新聞社入社、長崎支局長、報道部長、特別編集委員などを歴任。1994年葦書房社長、2002年弦書房代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

〈昭和〉があったからこそ、いまがある。あのとき、あの曲がり角で何があったのか。いま、わが昭和の貌をもう一度見つめ直す。昭和を戦前から生きた人と戦後から生きた人とでは、〈昭和〉という時代に対する認識のしかたがかなり違うのではないかーー

昭和を生きた人たちの胸のうちには、それぞれの〈昭和〉の記憶がある。あのとき、あの曲がり角で何があったのか。あの声、風景の隅っこにいたあの人、懐しい音や匂い――〈昭和〉があったからこそ、いまがある。さまざまなキーワード(民主主義、六〇年安保、ミナマタ、ナガサキ、残留孤児など)を軸に、ジャーナリストでもあった著者が、いま一度、わが昭和の貌をもう一度見つめ直し、読者に静かに語りかける。

序 章  生まれる前の昭和

第一章  銃後の子どもたち

第二章  子どもたちの八月十五日

第三章 「戦後」のはじまり

第四章  カオスのなかの新制中学

第五章  民主主義のレッスン

第六章 「六〇年安保」のかすり傷

第七章  熊本の駆け出し記者

第八章  水俣病事件に出会う

第九章  社会部と学芸部を往復

第十章  もの狂おしき長崎の夏

第十一章 天災のあとの人災

第十二章 地平に沈む「赤い夕陽」

第十三章 昭和の終焉と普賢岳噴火

第十四章 出版不況下の地方出版

終 章  帰郷、それから

三原 浩良[ミハラ ヒロヨシ]
1937年松江市生まれ。松江高校・早大文学部卒。1961年毎日新聞社入社、長崎支局長、報道部長、特別編集委員などを歴任。1994年葦書房社長、2002年弦書房代表。2008年から松江市在住。著書に『熊本の教育』『地方記者』『噴火と闘った島原鉄道』『古志原から松江へ』。編著に『古志原郷土史談』『当世食物考』など。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件