FUKUOKA Uブックレット<br> 林権澤は語る―映画・パンソリ・時代

個数:

FUKUOKA Uブックレット
林権澤は語る―映画・パンソリ・時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月11日 13時46分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 53p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863291287
  • NDC分類 778.221
  • Cコード C0074

目次

林権澤は語る(映画監督になるまで;パンソリとの偶然の出会い;プログラムピクチャーを量産する;韓国らしい映画を目指す;『将棋の息子』シリーズがヒット;理想の女優との出会い;パンソリ映画に挑戦する;『春香伝』に到達する;パンソリとは何か―劉永大)
林権澤に聞く1―時代を映す映画(『春香伝』を撮影する;女優に賞を取らせる名人;韓国映画界の現状;朝鮮戦争前後の時代;映画に対する考え方が変わる;大学で映画を教える)
林権澤に聞く2―韓国固有の世界観(少年時代の思い出;韓国固有の世界観を求めて;恨を内に抱いて)