橋川文三 日本浪曼派の精神

個数:

橋川文三 日本浪曼派の精神

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月25日 01時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863291089
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

丸山眞男、吉本隆明、竹内好らと交流を重ね、昭和精神史の研究で重要な著作を残した思想家・橋川文三。その人間と思想の源流に迫る評伝。

目次

第1章 対馬・広島での原風景―中学生から詩、短歌、エッセイを発表
第2章 一高時代―日本ロマン派(保田與重郎)に惑溺
第3章 大学時代―徴兵検査で丙種=学徒出陣できず勤労動員へ
第4章 編集者時代―一家は離散、丸山眞男に親炙(=師事)
第5章 恋と革命―一人の女性への純愛とマルクス主義との格闘
第6章 回生への道程―療養生活、退院、結婚、学者の道へ

著者等紹介

宮嶋繁明[ミヤジマシゲアキ]
1950年、長野県生まれ。明治大学政経学部卒業。学生時代橋川文三に師事。現在編集プロダクション代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件