今度こそ読み通せる名著<br> アランの「幸福論」

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

今度こそ読み通せる名著
アランの「幸福論」

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年01月17日 04時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863101715
  • NDC分類 151.6
  • Cコード C0030

内容説明

悪い運命はない。自分の仕事をきちんとしよう。幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ。今のことだけ考えよう。苦しみはやがて和らいでいく。自分の気分に無関心になること。自分を愛する人のために、自分が幸せになる。―幸せに生きるための知恵。原典を大切にし、読みやすさを追求しました。

目次

名馬ブケファロス―ほんとうの原因を探す
刺激と怒り―体じゅうの力を抜いて得られるもの
神経衰弱―気分の浮き沈みはすべて体調次第
恐れは病気―恐怖心は病気を引き起こす
気で病む男―不機嫌にはほほえみを
医学―医者のおまじないとは
ほほえみ―無理にでもほほえむことは、不安やいらだちに効果的
心のしぐさ―幸せを演じることで悲劇から救われる
トレーニング―体を動かすと気分も変わる
不機嫌―不機嫌ではなく楽しい気分でいることで望みは叶う〔ほか〕

著者等紹介

アラン[アラン] [Alain]
フランスの哲学者。1868年ノルマンディー地方のモルターニュ生まれ。『幸福論』(原題:Propos sur le bonheur)は、ヒルティ、ラッセルの『幸福論』とともに世界三大幸福論と言われ、世界中で翻訳され、読み継がれている。教師として教壇に立つ一方、「芸術論集」等、多くの著作や論文を執筆した

笹根由恵[ササネヨシエ]
1975年神戸生まれ。フランス語通訳・翻訳家、フランス語・英語通訳案内士。オペラなどの歌劇からビジネス、各種スポーツの国際大会まで幅広い分野で通訳として従事。書籍の翻訳業務も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けぴ

28
P193 「悲観主義は気分によるもの。それに対し、楽観主義は意志の力によるもの」「どんな幸せも、意志の力と自制心から生まれる」P185 幸せになる方法 「自分の不幸を他人に対していっさい口にしない。愚痴をこぼしても、聞いた相手を悲しませるだけ」P97 旅 「名所から名所に駆け巡る。はたして本当に見たといえるか。景色のほんとうの豊かさは、その細部にある」100年以上前に書かれた作品ですが、現代でも当てはまるエッセンスが散りばめられた一冊。 2018/10/13

ひづる

9
100年前に書かれた名著。幸せを感じる為の考え方や方法が散りばめられている。話がよく飛ぶので少し読み辛いが、目が冴える名言は多い。幸せだから笑うのではない、笑うから幸せ。情念は思考では無く行動でコントロールできる。まずは信じること、期待はその次。自分の気分に無関心になる。怒りの正体は不安。悲観的な考えは錯覚。2017/06/03

momo

8
ずっと読みたかった。読んでやっぱり素晴らしかった。読みやすいと感じたのは、ドミニック▪ローホーの翻訳者であったからか。 外国作品にありがちな抽象的な表現も、想像力をかきたててくれるので好きだ。 「悲観主義は気分によるものだ。楽観主義は意志の力によるものだ」という言葉が非常に印象に残った。これから何度も読み返すと思う。 2018/04/18

サラダ

4
「今度こそ読み通せる名著」というシリーズの中の1冊です。読みやすく翻訳されていて、更に、訳者によって書かれた「はじめに」や各項目につけられた独自のサブタイトルも理解の助けになりました。シリーズ名のとおり、最後までストレスなく読めました。このシリーズの他の本も気になります。2019/05/13

snaplist85

0
100年前の本。読みやすかった。2021/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11247378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。