アメリカにおける国家安全保障と大学

個数:

アメリカにおける国家安全保障と大学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 241p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784862832788
  • NDC分類 372.53
  • Cコード C3060

目次

第1章 第2次大戦までの構図
第2章 科学者と政治
第3章 冷戦型ナショナル・イノベーション・システム
第4章 ナショナル・イノベーション・システムの変容と国防省
第5章 核・ミサイル開発と科学者
第6章 キャンパスにおける言論の自由
第7章 大学における反戦運動
第8章 国防省による教育の支援
第9章 グローバル化と日本への含意

著者等紹介

宮田由紀夫[ミヤタユキオ]
1960年東京生まれ。1983年大阪大学経済学部卒業。1987年University of Washington(Seattle)工学部(材料工学科)卒業。1989年Washington University(St.Louis)工業政策学研究科修了。1994年同経済学研究科修了(経済学Ph.D.)。大阪商業大学、大阪府立大学勤務を経て、関西学院大学国際学部教授。専門:産業組織論、アメリカ経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

軍事研究における日本版DARPA(米国防高等研究計画局)とは。大学を取りまく制度が日米で異なることをふまえ警鐘を鳴らす。