K.G.りぶれっと<br> 復興と居住地移動

個数:

K.G.りぶれっと
復興と居住地移動

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月26日 05時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 110p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784862832122
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C1030

目次

第1章 居住地選択をめぐる論点(「住み続ける」と「住み替える」―居住の選択肢;東日本大震災以前の防災集団移転促進事業をふり返る;災害後の地域再建と安全について;県外避難の居住実態―緊急時の住まい確保の課題を問う;長期避難生活における共生への萌芽;定住の価値を問う)
第2章 オフサイトの視点に学ぶ(地域知としての災害伝承の意義;黒江のまちづくりとサポーター制度―まちづくりにおける協働の広がりを考える;十津川村のリジリエンス;中越から東日本へ)
第3章 オンサイトの支援者に学ぶ(3年半目の「気仙沼」;内発的まちづくりに向けて―まち・コミの東日本での活動;みやぎ連携復興センターに参画させていただいて;コミュニティ再建のために災害公営住宅で何が可能か―宮城県七ヶ浜町での取り組みから)