関西私鉄文化を考える

個数:

関西私鉄文化を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 01時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 102p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784862831163
  • NDC分類 686.216
  • Cコード C1036

目次

パネルディスカッション(ケーキ・ホテル・プロ野球から阪神間を読みとく―アイデンティティ・デザインの視点から;「学園前」と「学研都市」―丘陵開発をめぐる“民”と“官”;路線間イメージ格差を考える―南海電鉄を中心に;関西私鉄系不動産事業の変化と空間の再編成―阪急不動産を中心に)
フロアとの質疑応答

著者等紹介

金明秀[キムミョンス]
関西学院大学社会学部教授、関西学院大学先端社会研究所副所長。博士(人間科学)。専門は、社会階層論、社会意識論、社会調査。量的データの統計解析を通じて社会階層論(民族的階層化)と社会意識論(ナショナリズム、差別意識)に取り組んでいる。これらを通じ、社会的不平等と、その不平等を超克するうえで重要な役割を果たすコレクティブ・メンタリティの動態に関心を注いでいる。ここ数年は観光や交通にも関心が広がりつつある

三宅正弘[ミヤケマサヒロ]
武庫川女子大学生活環境学部准教授。博士(工学)。大阪大学大学院博士課程修了。京都大学大学院修士課程修了、関西大学工学部建築学科卒業。都市計画事務所から徳島大学助手を経て現職。著作は料理から建築・都市計画、ケーキ等身近な題材からまちづくりを提唱する

島村恭則[シマムラタカノリ]
関西学院大学社会学部教授、関西学院大学先端社会研究所所長。博士(文学)。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科文化人類学専攻単位取得退学。国立歴史民俗博物館民俗研究部助手、秋田大学准教授を経て、現職。専門は、民俗学、社会史。とくに、日本をふくむ東アジアの都市民俗、文化的多様性に関して研究

難波功士[ナンバコウジ]
関西学院大学社会学部教授。博士(社会学)。東京大学大学院社会学研究科修士課程修了。専門は広告論、メディア史、ユース・サブカルチャーズ史

山口覚[ヤマグチサトシ]
関西学院大学文学部教授。博士(地理学)。専門は、社会地理学、都市生活、移住。これまでは農山漁村から都市への出郷者を主な対象とし、人々の移動形態や都市でのパーソナル・ネットワーク、アイデンティティの編成に関心を持ってきた。最近では系図学(先祖調査)の世界的なブームについて調べている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。