4000人のいのちによりそった“看取りの医者”が教える死ぬときに後悔しない生き方

個数:

4000人のいのちによりそった“看取りの医者”が教える死ぬときに後悔しない生き方

  • 提携先に24冊在庫がございます。(2019年10月18日 08時32分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862806581
  • NDC分類 490.1
  • Cコード C0095

内容説明

21の物語が伝える“あなたの”生きる意味。

目次

第1章 人が最期に望むこと(のどかな時間の紡ぎ方;残していく人を思う ほか)
第2章 人は生きてきたように死んでいく(それまでと変わらない日常;人生の最終章の友人 ほか)
第3章 やり残しのない人生を(静かな笑顔だけを残して;伝えたい言葉 ほか)
第4章 大切な人が旅立つとき(人生最後のプレゼント;悲しみは薄らぎ、こころに根差す ほか)
第5章 最期まで「いま」を生きている(何とも隔たれないいのち;願いとずれる現実 ほか)

著者等紹介

内藤いづみ[ナイトウイズミ]
在宅ホスピス医。ふじ内科クリニック院長、大正大学客員教授。1956年、山梨県生まれ。福島県立医科大学卒業。三井記念病院内科、東京女子医科大学第一内科などでの勤務を経て、1986年、英国に移住。プリンス・オブ・ウェールズ・ホスピスで研修を受け、1991年、帰国。1995年、山梨県甲府市にふじ内科クリニックを設立。院長として在宅ホスピスケアを実践するとともに、全国で講演を続けている。テレビ・ラジオ番組などへの出演も多数。ホスピス・在宅ケア研究会やまなし代表、山梨県青少年協会理事長なども務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人生の残り時間は意外と短い。
死ぬときに後悔しないために、私たちは何を考え、どう生きればいいのか。在宅ホスピス医として、死に逝く人たちのいのちに寄り添い続ける著者が、患者との21のエピソードを通してメッセージを伝えます。本書の主人公たちはみんなこの世を去った人たち。しかし、そこに書かれているのは、「死に方」ではなく、「生き方」です。