男の価値は「行動」で決まる―思考は現実化しない

個数:

男の価値は「行動」で決まる―思考は現実化しない

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年04月24日 23時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 229p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862806406
  • NDC分類 159
  • Cコード C0030

内容説明

世界に隷従しないためには行動するしかなかった―孤高の作家が語る「利用されない生き方」

目次

第1章 行動できる人の考え方(サボりながら夢が叶うと思うな;「プライドが高い」は恥の上塗り ほか)
第2章 日常の行動が人生を築く(口にした約束は必ず守る;正しい日本語を使えない人は成功できない ほか)
第3章 自分を変える行動力(本気で思い続けなければ奇跡は起きない;人間は鏡があるのに自分を見ることができない ほか)
第4章 利用されない生き方(時間の無駄遣いという重大な問題;品格のない妄想は現実化しない ほか)

著者等紹介

里中李生[サトナカリショウ]
三重県生まれ。作家、エッセイスト。20歳の頃に上京し、30歳でフリーライターから作家活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

孤高の作家が語る「利用されない生き方」
失敗するのが恐いから、若くないから、他の人もやっていないから……。あなたが何かを“やらない”理由はいくらでもある。そのことに向き合わなくても、とりあえずは生きていける。
しかし、10年後を想像してみてほしい。今のままの自分でいいのか。動かなければ人生は変わらない。あなたの妄想は現実化しないのだ。では、今あなたがすべきことは何か。