世界を動かした21の演説―あなたにとって「正しいこと」とは何か

個数:
電子版価格 ¥2,530
  • 電書あり

世界を動かした21の演説―あなたにとって「正しいこと」とは何か

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年07月25日 17時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 413p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784862760968
  • NDC分類 280.4
  • Cコード C0031

内容説明

いつの時代も、言葉が世界を変えていく。確信に満ちた言葉は、人の思考を変え、行動を変え、さらには世界まで変えてしまう力を秘めている。自由と平等、移民問題、死刑制度、テロ、気候変動、歴史問題、戦争と平和…世界と人類の大問題を論じ、良くも悪くも世界を動かした演説を軸に、いま考えるべき問いを突き付ける論争の書。

目次

なぜ言葉が重要なのか
第1部 人類はみな人間(なぜ彼女は命をかけたのか―権利のための闘争;平等な社会とは―世界を熱狂させたビジョン ほか)
第2部 敵か味方か(真の危機とは何か―意表を突いた欧米批判;冷戦とは何だったのか―超大国の主張と現実 ほか)
第3部 力は正義(総力戦とは何か―極限状況を戦いぬいた英国の覚悟;歴史をつくるのはだれか―失脚直前の大統領の叫び ほか)
第4部 平和にチャンスを(暴力を捨てられるか―非暴力・不服従の論理;民主主義を守れるか―エリートと市民の責任 ほか)

著者等紹介

アボット,クリス[アボット,クリス][Abbott,Chris]
国際関係を専門とする政治アナリスト、作家・ジャーナリスト、ブラッドフォード大学名誉客員研究員、安全保障に関する欧州の有力シンクタンクであるオックスフォード・リサーチグループの「持続可能な安全保障」分野のコンサルタント。国際安全保障の分野で多数のイニシアチブに関与、平和構築のために尽力している

清川幸美[キヨカワユキミ]
翻訳家。津田塾大学国際関係学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。