イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2022年08月16日 02時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 243p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784862760852
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0030

内容説明

MECE、フレームワーク、ピラミッド構造、フェルミ推定…目的から理解する知的生産の全体観。「脳科学×戦略コンサル×ヤフー」トリプルキャリアが生み出した究極の問題設定&解決法。コンサルタント、研究者、マーケター、プランナー…「生み出す変化」で稼ぐ、プロフェッショナルのための思考術。

目次

この本の考え方―脱「犬の道」
イシュードリブン―「解く」前に「見極める」
仮説ドリブン(イシューを分解し、ストーリーラインを組み立てる;ストーリーを絵コンテにする)
アウトプットドリブン―実際の分析を進める
メッセージドリブン―「伝えるもの」をまとめる

著者等紹介

安宅和人[アタカカズト]
1968年、富山県生まれ。東京大学大学院生物化学専攻にて修士号取得後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。4年半の勤務後、イェール大学・脳神経科学プログラムに入学。3年9カ月で学位取得(Ph.D.)。マッキンゼー復帰に伴い帰国。マーケティング研究グループのアジア太平洋地域における中心メンバーの1人として、飲料、小売り・ハイテクなど幅広い分野におけるブランド立て直し、商品・事業開発に関わる。また、東京事務所における新人教育のメンバーとして「問題解決」「分析」「チャートライティング」などのトレーニングを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

230
10年ぶりに再読!当時lineを引いた箇所は10年経った今でも変わらず大切であることを再確認し、本書はもはや『古典』でも良いのではないかとさえ思いました。もっと再読して深めようと思います。2021/09/03

takam

105
序盤の考え方には非常に共感した。課題設定を軽く行い、作業を始めると泥沼に入ることが多い。課題設定については、時間を取って慎重に行うことで、その後の作業が楽になる。「空雨傘」というメタファーを使って、問題のくみ上げ方を説明している。空は着目している領域、雨が問題、傘が解法という単純な話であるが、この3つを満たすようなストーリーを作れるように課題を構造化すべきという主張がある。理解できなくはないが、その構造化の過程が少々難しく感じた。実際に手を動かしてみないと有用性が分かりづらそうではあった。2019/05/23

十川×三(とがわばつぞう)

90
良書。高評価は納得。実践したい。再読する。▼ストーリー「空・雨・傘」▼分析は比較。「比較・構成・変化」の3種。▼90%の完成度より、60%の完成度を再度見直す方が良い。▼エレベータテスト。30秒で本質を説明できる。▼私が読んだロジカル思考を説くビジネス書には、必ず「マッキンゼー」の名が登場。▼著者の凄い経歴に驚く。2020/12/14

Gotoran

83
イシューとは複数の集団間の未解決問題かつ根本的なあるいは未決の問題という2つの条件を満たすもの、一般の殆どの人が問題としているものは、本当のイシューではなことが多く、そもそもの問題がイシューかどうかの見極めが大切だと。知的生産のシンプルな本質とは、イシュードリブン、問題の見極め仮説を立て適度に情報を収集しストーリーラインに沿って解決に至ること。プロジェクト等で業務遂行する際、真剣かつ綿密に議論し、イシュー(真の問題)をしっかり決めることが如何に大切であるかに今更ながら気付かされた。2019/07/13

どんぐり

68
著者はイェール大学脳神経科学で学位を取得し、ヤフー株式会社執行役員事業戦略統括本部長の安宅和人氏。イシューとは、知的な活動の目的地となるものである。その知的活動において、何が一番意味のある問題かを絞り込み、いかに本当に価値のあるアウトプットを効率的に生み出すか、どれだけ価値のあるイシュー度の高い活動に絞り込むか、アウトプットの質をどこまで高めることができるかを論じている。この本のベースにあるのが、問題解決技法や科学的研究の手法であり、これを知的生産活動(企業経営や企業戦略などビジネス)に応用したもの。2016/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1176997

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。