吉井勇の旅鞄―昭和初年の歌行脚ノート

個数:

吉井勇の旅鞄―昭和初年の歌行脚ノート

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 425p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862726339
  • Cコード C0095

内容説明

「いのち短し、恋せよ、少女」「ゴンドラの唄」の作詞者・吉井勇の知られざる壮年期の激動―。

目次

第1章 相模相聞居時代から渓鬼荘結廬まで(白秋描く「勇像」;猪野々日記 ほか)
第2章 上京と「遍路」創刊(寂しければ;歌の師・鉄幹 ほか)
第3章 歌行脚(白鳥歌はず;杉皮装『わびずみの記』 ほか)
第4章 流離時代の終わり(駿河路の春;富士を仰ぐ ほか)

著者等紹介

細川光洋[ホソカワミツヒロ]
1967年4月、横浜生まれ。静岡県立大学国際関係学部教授(日本近代文学)。早稲田大学教育学研究科博士課程単位取得退学。立教英国学院、桐蔭学園中等教育学校教諭、高知工業高等専門学校准教授を経て、2015年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。