塹壕の四週間―あるヴァイオリニストの従軍記

個数:

塹壕の四週間―あるヴァイオリニストの従軍記

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月05日 07時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 181p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862659002
  • NDC分類 936
  • Cコード C0098

目次

第1章 従軍
第2章 緒戦
第3章 レンベルクの戦い
あとがき 中庸の天才―クライスラーの藝術と生涯をめぐって

著者等紹介

伊藤氏貴[イトウウジタカ]
1968年生まれ。文藝評論家。明治大学文学部教授。麻布中学校・高等学校卒業後、早稲田大学第一文学部を経て、日本大学大学院藝術学研究科修了。博士(藝術学)。2002年に「他者の在処」で群像新人文学賞(評論部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

syota

33
20世紀前半を代表する大ヴァイオリニストのクライスラーは、オーストリア軍中尉として第一次世界大戦に従軍した経験があった。本書は、オーストリア軍90万人中35万人が戦死した壮絶なレンベルク会戦での自身の体験を、冷静な文章で綴ったノンフィクションだ。榴散弾や偵察機など新顔の近代兵器が登場する一方で、馬に乗ったコサック兵が刀を手に突進するなど中世以来の古典的戦闘形態も残っていて、第一次大戦が古典的戦争から近代戦へと移行する過渡期の戦争だったことがよく分かる。最前線の実態を克明に描いた貴重な記録だ。2023/05/29

ののまる

7
クライスラーのバイオリン曲好きです。第一次世界大戦で闘っていたこと、戦後そのことで排斥されていたこと、音楽に占められず、政治に音楽を利用させず、「中庸」を貫いた人であったことを知った。2021/09/06

ミミ猫

0
第一次世界大戦の従軍記。ヴァイオリニストかつ、軍人でもあったクライスラーは、自ら志願して戦場へ。出征する兵士たちを英雄視する社会の戦争熱や、悲惨な戦場で人の死にも鈍感になって人間性を失ってゆく様子が、淡々と語られる、怖さ。一方で、塹壕越しに紡がれたロシア兵との人間的な友愛のエピソードは、救いかもしれない。 美しい旋律を作曲し、奏でたクライスラーの、唯一の著書。2023/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18307569
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。