裸のJリーガー―知られざるセカンドキャリアの光と影

個数:

裸のJリーガー―知られざるセカンドキャリアの光と影

  • 提携先に9冊在庫がございます。(2018年09月25日 19時54分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862554758
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

Jリーガーに夢はあるのか?職業としての「サッカー選手」と引退後の実態をえぐるノンフィクション。引退したサッカー選手たちの第二の人生はバラ色か、それとも…。

目次

第1章 裸のJリーガー(現役Jリーガーのリアル;Jリーガーの賃金相場;日本のサッカー少年はJリーガーの夢を見るか?)
第2章 職業サッカーコーチ(元Jリーガーが町クラブで遭う現実;サッカーコーチ森崎嘉之の実感 ほか)
第3章 Jリーグの光と影(心の渇きを潤す何か 安永聡太郎;Jクラブ強化部長の見方 西村卓朗;野人GMが渇望するもの 岡野雅行)
第4章 元祖天才の末路(礒貝洋光という生き方)

著者等紹介

大泉実成[オオイズミミツナリ]
1961年東京生まれ、茨城育ち。ノンフィクション作家。1989年、処女作『説得―エホバの証人と輸血拒否事件』で講談社ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。