PK―最も簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?

個数:

PK―最も簡単なはずのゴールはなぜ決まらないのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月26日 04時43分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 403,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784862553157
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

膨大な取材とデータが解き明かす12ヤードの攻防に隠された真実。笛が鳴ってすぐ蹴ってはいけない?助走の角度は30度がベスト/最もキッカーに適任なのはGK?主審は2度目のPKを取りづらい…、etc.

目次

第1章 イングランド病
第2章 オスロ解決法?
第3章 PKのDNA
第4章 PKをめぐるドラマ
第5章 ビッグデータが勝率を上げる
第6章 有名選手ほど失敗する?
第7章 GKはPKキッカーにふさわしいか
第8章 審判とPKの微妙な関係
第9章 他競技に学ぶPK成功法

著者等紹介

リトルトン,ベン[リトルトン,ベン] [Lyttleton,Ben]
ロンドン在住のフットボールライター。スポーツイラストレイテッド誌やタイム誌に寄稿するジャーナリストであり、ブルームズバーグTVでサッカーについての解説者もこなす。またサッカーのコンサルタンティングを業務とするサッカーノミクス社の創業者の一人で、取締役をつとめる

実川元子[ジツカワモトコ]
翻訳家/ライター。上智大学仏語科卒。兵庫県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。