野外文化教育としての体験活動―野外文化人のすすめ

個数:

野外文化教育としての体験活動―野外文化人のすすめ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 261p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784862510754
  • NDC分類 379.3
  • Cコード C3037

内容説明

本書は、少年期の体験的教育としての体験活動について、新しい教育観による野外文化教育学的な見地から解説したものである。社会人の基礎・基本としての生きる力や感じる心を培う体験活動について、体系的にその理論と方法論をまとめている。

目次

第1章 文明化に対応する野外文化教育(科学・技術的な文明化に弱い人類;生きるための社会と教育 ほか)
第2章 野外文化教育としての体験活動(人間力を高める体験活動;体験活動と教育的社会構造 ほか)
第3章 体験活動の目標と指導(体験活動の教育目標;体験活動の教育的効果 ほか)
第4章 生活体験の実践(文明社会の落とし子たち;野外文化人の生活体験 ほか)
第5章 生活体験学園の構想(守られる立場から守る立場へ;子どもたちの現状と対応策 ほか)

著者等紹介

森田勇造[モリタユウゾウ]
1940年高知県宿毛市生まれ。1964年以来、世界の諸民族の生活文化を踏査し続ける。同時に野外文化教育の研究と啓発、実践に努め、青少年の健全育成活動も続ける。元国立信州高遠少年自然の家所長。現在、社団法人青少年交友協会理事長、野外文化研究所所長、野外文化教育学会顧問、国立大学法人東京学芸大学客員教授、博士(学術)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。