日本はなぜ原発を拒めないのか―国家の闇へ

個数:

日本はなぜ原発を拒めないのか―国家の闇へ

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862280930
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

米国の核戦略に従属する日本。崩壊する東芝と原発国策。地元に脱原発・再生の希望が芽生えはじめた。

目次

1 東芝崩壊―原発産業「日米一体化」の罠(名門・東芝の凋落;不可解な会見 ほか)
2 原子力ペンタゴン―政・官・財・学・報の岩盤(「原子力ペンタゴン」とは?;広告による原発推進世論形成の工作 ほか)
3 テロリストが原発を攻撃する日―プルトニウムの呪縛(明らかになる原発三大メリットの虚構性;硬直化する日本の電力政策 ほか)
4 核武装の野心―孤立する日本(「もんじゅ」の失敗と新たな計画;高速炉のメカニズムと問題点 ほか)
終 地元の再興―民意は燃えている(原発を覆う政治の殻;自治体の自立を阻む財源問題 ほか)

著者紹介

山岡淳一郎[ヤマオカジュンイチロウ]
1959年愛媛県生まれ。ノンフィクション作家。東京富士大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本を震撼させた、名門企業・東芝の転落劇。

その元凶、原発を拒めない国家の闇に迫る。



・原子力産業と核戦略の「日米一体化」という名目の対米従属

・推進派が固める「原子力ペンタゴン(五角形)」体制の盤石さ

・原発は核物質の宝庫。それを狙うテロリストに、無防備な日本

・戦後の政治家たちに潜在的に受け継がれてきた核武装の誘惑

・フクシマ発の脱原発、自然エネルギーによる自立の道が見えてきた!



気鋭のジャーナリストが、経済人・官僚・政治家・福島を取材して明かす、

原発の闇と地元の脱原発への光!

渾身のノンフィクション

I 東芝崩壊──原発産業「日米一体化」の罠

II 原子力ペンタゴン──政・官・財・学・報の岩盤

III テロリストが原発を攻撃する日──プルトニウムの呪縛

IV 核武装の野心──孤立する日本

終章 地元の再興──民意は燃えている

山岡 淳一郎[ヤマオカ ジュンイチロウ]
1959年愛媛県生まれ。ノンフィクション作家。東京富士大学客員教授
著書『長生きしても報われない社会―在宅医療・介護の真実』『原発と権力』『インフラの呪縛』(ちくま新書)
『気骨―経営者土光敏夫の闘い』『国民皆保険が危ない』(平凡社)
『後藤新平―日本の羅針盤となった男』『田中角栄の資源戦争』(草思社文庫)
『医療のこと、もっと知ってほしい』(岩波ジュニア新書)ほか