米国はいかにして世界経済を支配したか

個数:
  • ポイントキャンペーン

米国はいかにして世界経済を支配したか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862280237
  • NDC分類 332.53
  • Cコード C1033

内容説明

今日、国際資本取引の自由化と証券化は、サブプライムローン問題のように国際的金融不安を生みだし、大きな経済危機の可能性を秘めている。米国の対外経済戦略によって形成された今日のグローバリズムは、何を目指すのか。米国による金融覇権はいかにして形成されたのか。米国による戦後の、国民経済を軸とするケインズ的経済システムの構築から、今日の多国籍企業による、金融を通じて富を蓄積する米国経済政策の劇的転換までをたどり、その要因と結果の問題点、日本への影響、ラテン・アメリカにおける対抗戦略の試み、国際公共機関のあり方などを考える。

目次

1 現代グローバリズムの歴史的前提(米国はどのように国際経済システムを構築したか;戦後米国は世界をどのように作ろうとしたか;米国企業は、いかにして多国籍企業となったのか)
2 現代グローバリズムは、どのように形成されたのか(外国為替システムはなぜ変動相場制になったのか;現代企業はどのように投資を行うのか;現代多国籍企業の投資論理とは;現代多国籍企業の組織と行動)
3 現代グローバリズムは何をめざすのか(多国籍企業と自由な投資システム;米国型金融システムと金融不安定性;国際金融不安定性の形成メカニズム)
4 現代グローバリズムとどのように向き合うか(日米経済摩擦と日本の構造改革;米国の主導するグローバリズムへの対抗戦略)

著者等紹介

萩原伸次郎[ハギワラシンジロウ]
1947年、京都市生まれ。1976年、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位修得退学。1978年、横浜国立大学経済学部助教授。1989年、横浜国立大学教授。1990~91年、米国マサチューセッツ大学経済学部客員研究員。2000~02年、横浜国立大学経済学部長。現在、横浜国立大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。